01月27日の釣果

2022 年 1 月 27 日

{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

[釣果]

真鯛 0.9~1.6Kg 0~1(船中2匹)

メイチダイ  0.4~1.2Kg  2〜8匹(船中13匹)

イサギ  22~31cm  19~31匹

大型のゴマサバ 多数

[コメント]

久しぶりの好天でしたのでどのような状況なのかも知りたくて神子元周辺まで足を伸ばしました。

しかし待ち構えていたのはサバの大群でして、なんとか一匹釣り上げることは出来ましたがあまりの多さに断念しイサギへと変更するこ

とにしました。

イサギもあまり芳しくなく、当たりはあっても一匹づつが多くて数がなかなか伸びませんでしたが、終盤になるに連れ上向き調子になっ

てくると同時に急にメイチダイも交ざるようになり釣れる時はこんなにも簡単なものかと思うくらいでした。

サバは大きいのでお土産程度に釣れるのはいいのですがあれだけ釣れるとちょっと…….。

 

 

iPhoneから送信

01月15日の釣果

2022 年 1 月 15 日
{CAPTION}
{CAPTION}

[釣果]
真鯛   4.9Kg 1匹
イサギ  23〜32cm 数匹
[コメント]
何日ぶりかにようやく天気が回復出船する事が出来ました。 今日はこの一匹が唯一の真鯛の釣果でした。 でも型は良かったです。 その前後にも真鯛らしき当たりもあったのですが、このところあまり見ることのなかったイラの3連発に、今度こそはと期待しながら上がって来るのを待っているところにあれですからもうガッカリ!! でも好きな方には美味しい食べ方があるらしく珍重されることもございます。 ちなみに、申し訳ございません自分では食したことがないので説明が出来かねます。 今日も潮の流れがなくフグや餌取りが多く、お一人様でしたので厳しかったのもありましたね。
iPhoneから送信

01月09日の釣果

2022 年 1 月 9 日

{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

[釣果]
真鯛  1.1〜2.2Kg    5匹
ワラサ 2.8Kg     1本

[コメント]

心配されていた天気も思っていた程ではなく、仕掛けの投入に少し手間取るくらいでした。

そして仕掛けを降ろしていると流れは昨日と同じような状況で、朝一投目に真鯛の当たりがあっただけで途中からは我慢の時間帯が続き

ました。

今日も長かったですよ!

もちろん途中他のポイントに活路をを求めて移動も何か所かしましたけれど、好結果は得られず時間だけ過ぎていくばかりでした。

そして状況が変わりはじめたのが、他船も痺れを切らせ移動し始めそのポイントが空いたのでそこへと移動したところ直ぐに真鯛の当た

りが訪れ、丁度潮の変化が出始めたのでしょうね、ここかた立て続けに当たりが来るようになり最後の当たりはワラサもありました。

散々粘らされようやく巡り合えたあの状況、ある程度前日のデータがあったにせよあの時あの場所に行かなければ得られなかった結果。

釣りというものはこういうものなのかとつくづく実感させられた日でしたね。

 

iPhoneからの送信

01月08日の釣果

2022 年 1 月 8 日
{CAPTION}
{CAPTION}

[釣果]
真鯛   1.1Kg 1匹
ワラサ  2.5〜3.7Kg 0〜1本 [船中2本]
イサギ   数匹ずつ
スマガツオ   1.0Kg 1本
ハタ  0.3〜1.3Kg 0〜1匹 [船中4匹]
[コメント]
 朝開始と同時に立て続けに当たりが訪れたのですが、なんとか真鯛だたけは取り込めたのですが他は外れたり切られていたりと残念な結果でした。 その後の当たりも水面までは来てハリスを手繰ると切られているといつ有様でして、 この水温の低くなった状況でサメでしたかね! その後はパッタリで、これまでに無かった方向からの潮の流れで苦戦させられ時間だけが過ぎ、終盤になり僅かに変わり出した時になんとかワラサやハタなどが交じりだしますが真鯛は最初の一匹だけでした。 どうする事も出来なかった事ですが逃した分が悔やまれます!!
iPhoneから送信

01月06日の釣果

2022 年 1 月 5 日

{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}
{CAPTION}

[釣果]

真鯛 0.7〜2.2kg     8匹

ワラサ  2.8Kg     1本

[コメント]

本日須崎港の仕事初め、一週間間隔が空き海の状況がどうなっているのか手探り状態での出船でしたが、そんな心配どこ吹く風でいい意味で取越し苦労でした。 恐る恐る仕掛けを投入し棚を取ると直ぐ様当たりが訪れそのあとも降ろす度に当たり、お一人様でしたのでタモのすくい手も息を付く暇もないくらいでした。 しかしそのゴールデンタイムも二時間位で終演し、流れが緩くなると今度はフグの猛攻で上がる度にハリが切られている有様で仕方なくポイント移動しそこでもうまい具合にワラサをゲットしたところで充分に堪能されたのか納竿のご要望がありAM10:30に終了しました。 それにしても初日から幸先のいいスタートとなりました。 この調子でこのまま邁進して行きたいと思います。
iPhoneから送信